【失敗編?】ラム肉を自宅で調理してみた

日曜日にパブで食べたラム肉のサンデーローストが想像以上に美味しかったため、自分でも作れるのではないかと思い込み、調子に乗ってスーパーでラム肉を買ってきました~\(^o^)/

日本ではラム肉を使って1度も料理をしたことはありません✨(`・ω・´)ラム肉料理と言えば、ジンギスカンくらいしか知りませんもん\(^o^)/

でも、ラム肉は栄養素も高く高級食肉なんですが、イギリスでは比較的リーズナブな価格で買えるのでお得です☆

『高級』『お得』という言葉にめっぽう弱い私はラム肉料理にチャレンジしたくなりました✨しかも初っ端から難易度高そうな「ステーキ肉」を購入しましたっ✨(`・ω・´)

img_2507

単純に、こちらが一番安かったからなんですけどね💦

骨付きのいわゆる『ラムチョップ』で使用するラム肉は£10以上したため、諦めました。。。ステーキ2人分で£4.3なら夕食にはもってこいですよね✨

ラム肉料理についてほぼ無知な私も、ラム肉の匂いが独特だってことは知っています。臭みを消す方法を調べていると、マリネして一晩以上置くとかちょっとめんどくさそうなことばかり、、、

せっかく買ったのでどうしても今夜食べたいっ!!!!(*´з`)めんどくさいのは嫌い(*´з`)

すると、、、

ローズマリーで臭みを消し、美味しいラム肉なら塩とこしょうの味付けで十分』と言う記事を発見✨ずぼらな私にぴったりな調理法です✨

早速ローズマリーを調達\(^o^)/

イギリスはローズマリーやバジル、ミント等の香草はどのスーパーでもだいたい£1前後で購入できます。売っている種類もとっても多いですよ\(^o^)/

まず、癖が強いとされる脂身の部分は勿体ないけど切り落としてポイしました。

img_2512

そしてオリーブオイルと切り刻んだローズマリーで常温で30分以上漬け込む!

img_2513

待っている間に他の食材の準備が出来ちゃいますね!

じっくり30分以上漬け込んだ後、焼く直前に塩とこしょうで味付けをします✨(`・ω・´)

ちなみに塩は「キムタクの塩」こと、MaldonのSEA SALTを使用しましたー✨

img_2505

なぜ、こちらの塩が「キムタクの塩」と呼ばれているかというと、今は亡き「SMAP×SMAP」のビスロトSMAPにてキムタクが使っていたことから、一時期この塩がブームになり、「キムタクの塩」と呼ばれるようになったそうです。もう10年以上前の話ですが(;´・ω・)

ちなみに、日本だと1,000円以上もするらしいんですっ!!Σ(・ω・ノ)ノ!びっくり!

私はロンドンの現地スーパーで125gで£1.08で購入しましたよ💦庶民には1,000円以上の塩を使って料理をするという感覚が理解出来ません(゚Д゚;)まあ、こちらは話題性のある塩なので、ロンドンお土産には良いかもですね☆しかし、SMAPは解散しちゃったのでもう話題性がないかもしれませんが。。。(;’∀’)

話が逸れましたが、「キムタクの塩」とブラックペッパーで味付けをし、オーブンで170℃で両面合わせて15分程焼きます。もちろんフライパンでも焼けますが、オーブンに突っ込んだ方が楽チンなので(;^ω^)

出来上がったのが☟こちらっ!!!!

img_2515

オシャレに映るように試行錯誤を加えたことは言うまでもありませんが。。。笑

気になるお味ですが、、、

正直、微妙(゚Д゚;)

ローズマリーでラム肉の匂いを消したつもりが、逆にローズマリーの匂いがきっつーーー💦お肉も固い💦サンデーローストで食べたラム肉は柔らかくて臭みもなかったのに😢

旦那さんに、「ちょっと微妙かも」って言われたから、強がって「私は美味しいと思うよ!!(#^ω^)」って言っちゃったけど、、、、

正直、ラム肉微妙(゚Д゚;)

やっぱりめんどくさがらずにちゃんとマリネして、お肉を柔らかくしてから焼くべきでした。自宅で美味しいラム肉を食べるにはまだまだ修行が必要です。。。諦めませんっ!!

ちなみに「キムタクの塩」こと、MaldonのSEA SALTは粗めのシーソルトで美味しかったですよ\(^o^)/こちらはおすすめです☆