ロンドンのスーパーで買える四川山椒【花椒(ホアジャオ)】

私は激辛を愛してやまないです♡

\(^o^)/

特におつまみには辛い系が1品は必ずほしいです😊🥃

昨年、日本に一時帰国した際に友人から

『最近、巷では花椒(ホアジャオ)が流行っている』と教えてもらいました!

\(^o^)/

花椒(ホアジャオ)とはまたの名を四川山椒と言います。

※花椒(ホアジャオ)と山椒の違いとは?

《花椒(ホアジャオ)》

しびれるような辛味が最大の特徴。ピリッとしたパンチのある辛みがあります。麻辣豆腐(マーラートウフ)の「麻」という漢字は「痺れる」という意味で、花椒のことを指しています。また、香りは爽やかで風味豊か。四川料理、貴州料理(きしゅうりょうり)、雲南料理(うんなんりょうり)、西北料理などで煮込み料理や炒め物、蒸し料理などに多用されます。

《山椒》

花椒の強烈な痺れるような辛みに比べると、辛みはマイルド。口の中が痺れる感じも花椒に比べると弱いです。 辛みのスパイスとしてよりは、風味をつけるための薬味として使用されることが多いです。ひと振りで、ふわっと爽やかな風味のアクセントをつけてくれます。

四川風麻婆豆腐も激辛担々麺も大好物の私は一時帰国中に花椒(ホアジャオ)油をゲットし、ロンドンに持ってきました!

☟AJINOMOTOから出ています😊

花椒(ホアジャオ)油は油淋鶏タレに使っています★

唐揚げはシンプルに鶏肉に塩コショウ&酒で味付けし、油淋鶏タレを後付けする唐揚げにはまっています★子供の取り分けにも最適です★

☟作り方は過去記事でもご紹介しています😊



花椒(ホアジャオ)油賞味期限が短く、残念ながら1本しか持ち帰れず、AJINOMOTOの花椒(ホアジャオ)油はロンドンに戻ってきてから早々に使いきりました(;´Д`)

もっと買っておけばよかったと

大後悔!!!!

Σ(゚д゚lll)💦

お願いしている日本からの救援物資が届くまでの間、なんとかロンドンで花椒が買えないかと模索する日々、、、

意外にもocado&waitorose他、広めの現地スーパーで売っていました!

花椒はSICHUAN PEPPERといいます。

中身は怪しさMAXの黒い粒!( ;∀;)

でも香りは本格的な中華料理店で食べる四川風麻婆豆腐の香り✨もちろんこのままでは食べられず、すり潰します。

我が家にペッパーミルがなかったため、すり鉢で原始的にすりました🤣

ドヤッ!!!!

鷹の爪と同じく、種の部分が痺れる辛さです✨

暑い日が続くロンドンだったので、さっぱりとしたおつまみが食べたくなり、白菜&きゅうりを自家製油淋鶏タレで絡めてヘルシーおつまみで★

自粛太りという流行の最先端を夫婦で突き進んでいますが、ハイボールとヘルシーおつまみでカロリーゼロ✨

\(^o^)/

映え写真を狙い、いつもより丁寧に野菜を切ったことは言うまでもありません🤣

イギリスのきゅうりは特大ですが、中身のブヨブヨは私は破棄する派です💦

このぶよぶよを除くだけできゅうりが格段においしくなる説✨

\(^o^)/

気になるSICHUAN PEPPERのお味ですが、、、

油淋鶏タレにはやはり日本のAJINOMOTOの花椒(ホアジャオ)油の方が合うし、おいしいかな(;^ω^)

でも、SICHUAN PEPPER担々麺や麻婆豆腐には合います✨

SICHUAN PEPPERの使い道は、火を通す料理には使えます!ドレッシングのように使うには無難にラー油の方が使えますね(;^ω^)

日本のAJINOMOTOの花椒(ホアジャオ)油を多用するのは勿体ないので、SICHUAN PEPPERで代用しつつ激辛料理を堪能したいと思います😊


💻ブログ村ランキングに参加しています★励みになるのでクリックをお願いします✨

にほんブログ村 海外生活ブログ ロンドン情報へ
にほんブログ村

読んだついでに1日1クリックを~!


コメント

タイトルとURLをコピーしました